漂着モノログ(real version)

アクセスカウンタ

zoom RSS ミッドタウンとその周辺

<<   作成日時 : 2008/03/20 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ヒルズに比べると廻りやすいですし、お店も総じて落ち着いた感じで、アラウンドサーティーのカップルがデートにするには打ってつけと言えるのがミッドタウン。イベントやキャンペーンも社会的なトレンドを押さえたものが多く、10月は「グッドデザイン展」が開催されていました。作者も別の日に見学し、受賞作の一部(実物)を手にしたりしましたが、書き出すと長くなってしまうので、小説文中では同展の名称のみの紹介としました。(登場人物の感性とかがおわかりいただければ、それで。)

 眼鏡、筆記具、家具等々、ハイセンスな「ライフスタイル提案型ショップ」が集まっているのもミッドタウンの特長と言えるでしょう。具体的な店名は出していませんが、お箸の専門店があるのも当所ならでは。実際には売っていないかも知れませんが、こういうシチュエーションは有り得る、ということで小説ではペアの竹箸を出してみました。(余談ですが、作者はマイ箸を使い始めてそろそろ20年になります。)

画像


 さて、ミッドタウンの周辺には、古くからの「ナチュラルレストラン」(と位置づけられた店)があります。写真にある「五穀」をはじめ、「芋侍」に「一億」に、ハシゴしても良さそうな距離に三店。今も昔も変わらず、というのが泣かせます。(→参考情報) ロハスだかのブームに乗っかって新しくできた店よりも、こうした古き佳き自然派の飲食店の方が心意気はおそらく上。マイ箸の出番はないかも知れませんが、そんなお店で自分の箸で、といきたいですね。(より美味しくいただけるでしょうし。)(^^)



「十月の巻 おまけ」〜千秋一日 より

 タウン内のツアーに参加するのも良かったが、時間も時間だし、思い思いに歩き回ることにした。ライフスタイル提案型ショップや「グッドデザイン展」などで時間を割く二人。気付いたら、西日がすっかり傾いている。

<中略>

 只今ガレリアの三階を歩行中。いいタイミングでいいものに出くわす。
 「筆記具とかマイバッグとか、いいの扱ってる店さっき見つけたけど、やっぱりこれよこれ」
 各地の銘木などを使い、職人の手によって創り出された箸の数々。各種麺類や豆腐の専用箸もある。
 「簡易包装でいいわよね。こっちが千歳さん、私はこれ。いつも携帯するように。フフ」
 ペアの竹箸、その一膳が誕生日プレゼントとなった。
 「大事に使わせていただきます。ありがと。」
 「何々箸って言いますし、ね」
 「飯田橋に水道橋?」
 この後、彼女にバシっとやられたかどうかは定かではない。

 「ミッドタウン周辺て、老舗ナチュラルレストラン、いやナチュラル居酒屋かな、ま、そういうのがいくつかあるんだけど、今晩は我が家へぜひ! いいでしょ?」...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミッドタウンとその周辺 漂着モノログ(real version)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる