アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「3R」のブログ記事

みんなの「3R」ブログ


散乱するのはゴミか桜か

2008/11/19 21:53
 海ゴミについては、環境省が来年度予算で事業費を計上し、その撤去に乗り出すとの話題で持ちきりですが、これまでのこうしたサミット(例→知床佐渡)などでの議論がようやく実を結んだ、といった見方が真っ当で、決して目新しい動きではありません。長年の関係者からすれば、むしろ当然の動きであり、さらに言えば、「撤去はあくまで対症療法」「国内河川から流出し、海岸に漂着するゴミが大勢である以上、より根本的な策、つまり陸ゴミ・川ゴミにも目と手を」といった思いを持つ方々が多いものと思われます。

 NPO小説「漂着モノログ」は、そんな川ゴミをどうするかが中心テーマ。主に発生抑制の観点に基づき、こんな策はどうか、というものを文中随所に盛り込んできました。実例については当REAL Versionで紹介してきた通りですが、今回はそんな川ゴミのうち、現場で放置されたと思われる「散乱ゴミ」の一例を掲載します。

 干潟の奥(崖上)にあったので、これが「漂流→どこかに漂着」となるのは避けられそうですが、とにかくこうしたゴミをいかに出させないようにするかが、撤去(=今あるゴミと向き合う)と並行して進めなければならないことだと思います。発生源に遡った撤去、そして元からゴミを減らす(3R原則で言うReduce(第一優先))のとセットにする(=将来出るゴミを抑える)ことで、その効果はより明確になるでしょう。

▼袋に満載の容器類

画像

四月六日の巻」〜全員集合 より

 一望する限り、そこそこの散らかりようではある。だが、お目付け岩の効果か、バーベキュー系は見当たらない。その散乱の要因は、此処ご当地を発生源とするものらしいことがわかってきた。干潟上でどうやって宴に興じるのかは詳細不明ながら、居心地が良くなってきたことは事実。状態のいいレジャーシート、濡れた跡のない仕出し系容器、乾いた感じの生ゴミなんかが放置してあるのは、正に動かぬ証拠である。



 干潟で何らかの宴会をやることになったのは、桜の花弁が舞っていたせい? とにかく開花〜満開が早めだった2008年は、4月6日にもなればすでに花が散る散る真っ最中。水辺には花弁も大量漂着することになります。

 これで漂着先がまっさらな状態だったら、きっと一面桜色といった光景が拡がるんでしょうけど、現実はこんな感じで、ちと興ざめ。某ファストフードの100円コーヒーのカップが転がっているのは、場違いというか、無粋というか... 散り乱れるのはゴミではなく、桜花に限ってほしい、そう思いながら拾ったものです。

▼花弁が先か、容器ゴミが先か?

画像

 暖気にさらされていると、ゴミの臭気も漂うところ。だが、干潟が元気になってくれば、川の匂い、いや潮と言ってもいいかも知れない、一面には清々しい香気が立ち込め始めるのである。
(業平)「残る花弁、さらわれる花弁、ムム」
(弥生)「Goさん、どしたの? 詩人ぶっちゃって。」
(業平)「この年になるとね、こういうの見てると儚くなっちゃって」
(弥生)「うら若き乙女を射止めておきながら、何ですか、そりゃ」
 晴天の中、ゆっくりと散っていた桜花は、風に舞い、川面を漂い、ビーチに寄せている。干潟を香り立たせていたのは、花弁のせいでもあった。これぞ春の薫り、恋の花がさらに彩りを添える。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


□と△の並立

2008/07/15 22:02
 ここへ来てようやく「環境表示ガイドライン」なるものが制定されたようですが、時すでに遅し(?)の観は否めません。同じプラスチックでも「容器包装」と「本体」とでマークは別々、というのは今後もおそらく変わらないでしょう。

 PETボトルのラベルには、その□(=プラ)と△(=PET)の二つ(→参考が表示されていて、まるで別物のよう。PETもプラスチックである以上、プラの再資源化という観点で一体感を持たせた表示にした方がいいのでは?と思ってしまいます。もっとも、同じプラでもさらに細かく(PP,PE,PSの別など)認識してもらいたい、というのが趣旨なら話は別ですが。(ご存じの通り、□の[プラ]の方にもPETと併記されるケースは多々あります。□も△も両方PETの場合、何だか混乱しそうです。)

画像


一月の巻 おまけ」〜距離 より

...櫻はラベルの識別表示マークを眺めつつ、
 「容器包装は[プラ]って四角で囲ってあって、その下にPETとかって打ってあるでしょ。でもペットボトルの場合は、この三角形。で、プラとは書かれてなくて『1』。何か統一感がないって言うか。」
 マークの是非はさておき、ここでの三角形は形が整っていて、うまく資源が循環することを願ってのデザインになっていることは理解できる。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


モノづくりの流れと循環(例)

2008/07/06 22:55
 ゴミはゴミ、という発想のままだといつまで経っても後追い状態。ゴミの発生抑制にはなりません。ゴミが出たら何とかしよう...つまり「出口対策」が続くことになります。

 プロセスを明らかにしつつ、どこに遡ってどう減らすか、または、どう循環系を作るか、といった発想もあります。3Rを例にとるなら、リサイクル(再利用)よりもリユース(再使用)、リユースよりもリデュース(減量・抑制・予防etc.)、つまり、より上流で負荷を抑えていくというもの。即ち「入口対策」です。

 出口対策よりも入口対策が上回った時、きっとゴミは減っていくんだと思います。(他の環境問題についても、いかに入口から手を打っていけるかがカギでしょうね。そのためにはやはり、プロセスマネジメント視点が必要と思われます。)

 グリーン購入ネットワーク(GPN)でかつて使われていた資料をアレンジしたものをここに紹介します。これはモノづくりの流れ(プロセス)の一例であり、「出口」>「入口」の重要性を示す概念図でもあります。

画像


*小説文中では、出口対策にもかからなかったものを漂流・漂着・散乱ゴミの類と考えることにしました。それらを含め、「ではどこで手を打つべきか」というのがこのシーンでの主題になっています。(続きは小説本文にて。)



一月の巻 おまけ」〜アプローチ、ソリューション より

 「ポイントはどこで減らすか、だと思います。お手許の資料、またはスライドをご覧ください。」

 それはモノの流れを一般化したフローチャートである。

(マーケティング→商品企画→)原材料の栽培・採取→調達(輸出入・運搬)→加工・製造→検査・梱包・出荷→物流→販売→購入・使用・消費→ と続く。

 「これらの過程で発生する廃棄物も多々ありますが、世間でゴミと呼ばれるものは、この消費の次に来るものです。で、ここからが運命の岐(わか)れ路。@できるだけ元々の形で使い回すリユース、それがNGならリサイクル、リサイクル材料は、再び原材料のところに戻ると仮定します。そして、A自治体の手による廃棄・焼却・埋立処分。焼却の中にはプラスチックを燃やした熱を発電などに回すことでリサイクルと称するケースも増えてますが、そのリサイクルは@とは別枠と考えます。このAをできるだけ減らす、または@に回す、というのが望ましいんでしょうけど、それどころじゃないのがある訳です。それが、B散乱、漂流、漂着、埋没のゴミ達でしょう。Aの全体量からすれば多くないかも知れませんが、放置しておいていい筈はありません。...」
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


識別表示を活かすには

2008/01/12 17:22
 原油価格がどうこうと騒がれている割には、石油を原料とするプラスチックは、その扱いが軽視されている気がします。せめてプラスチックの容器包装に関しては、再資源化・再商品化されてほしいところですが、自治体のゴミ行政に温度差が生じ、「燃やしてしまえ」志向が増えているのは残念な限り。(→参考情報 しっかり原料に戻す努力をしている自治体の集積所まで越境して持って行きたくもなります。

画像
 対象となる容器包装には、[プラ]などの表示が付されているので、少なくともこれが付いているものはしっかり回収ルートに乗せられるよう、心がけたいものです。(他のマーク(業界等の自主設定)付き商品も同様)

画像


「九月の巻」〜縁結び より

 業平は何を思ったか、廃プラの中から[プラ]の識別表示が付いている容器包装類をピックアップし出した。まだ乾ききっていなかったが、構わず別のレジ袋に入れている。「ちょっとね。実験用に頂戴します。」 この手のプラ包装は、ケミカルリサイクルで油に戻せる訳だが、原料化される前にまだお役に立つなら、[プラ]としても本望だろう。彼の実験では、バーコード部分がカギになるが、変形してたり破れてたり、イレギュラーな方がスキャナの試し甲斐があるとのこと。冬木は「おそれいりました」と一言。一同同感である。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


回収スポットの例

2007/11/11 15:03
 単に回収箱が置いてだけでなく、回収された後、「何にどうやって再生されるか」などの情報が出ていると、より説得力も増しますし、協力しようという意識も高まります。(ただし、大量購入→大量持ち込み、というのは考え物。購入量を抑えるのが3Rの基本でしょう。)

画像


七月の巻 おまけ」〜七夕デート より

 平面駐車場につながる大きめの出入口に、一大回収スポットはあった。ペットボトルはかなり大きめの函が用意され、食品トレイ、牛乳パックが並ぶ。おまけに「え、自社ブランド(PB)の衣類もOK?」と彼女を唸らせる内容の貼り紙も。店内カウンターへお持ちください、とある。
 「こういう回収ルートがあるなら、この間みたいに衣類が漂着することはないと思うけど」
 「いや、きっと川で洗濯してたら流されちゃった、て」
 「千さん、マイナス1,000点!」
 笑いをこらえているようにも見えるが、咳払い一つ、「紙パックとかペットボトルの再生方法は何となくわかるけど、食品トレイがプラスチック素材に戻せるってのは知らなかったなぁ。トレイはトレイで循環させるだけだと思ってた...」 業平の言う通り、再生後の用途がしっかり掲出してある。荒川漂着ゴミもほんの一部ではあるが、ここに届けられ、再製品化されていることがわかりホッとする。が、しかし、である。そもそも捨てられないよう、漂流させないようにするには、の方が先だろう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


プラスチック製容器包装

2007/10/20 15:45
 東京都23区では、区ごとにプラスチックごみの扱いが異なりはじめ、混迷の様相も... 「容器包装リサイクル法」(通称)の精神は、自治体には浸透しきれなかったようです。再商品化義務って何だったんでしょうね。

(→参考情報:容器包装の識別表示Q&A〜「再商品化義務」等/廃プラスチックのサーマルリサイクルについて容器包装の3Rを進める全国ネットワーク



六月の巻」〜現場研究員 より

 燃える・燃えないの区分が、南実の地元とはまた違うようで、それも彼女を当惑させた。
 「プラスチック、可燃なんですか?」
 「『サーマルリサイクル』だとか、もっともらしいことが書いてありましたが、せっかく分別(再資源化)意識が高まってきたところでそれはないだろう、と思ってはいます。形を成していないプラは仕方ないので可燃、それ以外の容器包装関係なんかは不燃、て感じで、少しばかり抵抗してますけど。」
 「油に戻す取り組みを進めている自治体、増えてるのにねぇ」
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「3R」ブログ


漂着モノログ(real version) 3Rのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる