ウナギの稚魚

 荒川下流某所では、このようにウナギ(稚魚)が捕れたりします。深海~河口~下流とはるばる遡上して来るとすると... 小さいながらも大したものです。(ウナギにはそれだけの体力があるってことでしょうね。)

画像


「七月の巻 おまけ」~学びの場 より

 「じゃ俺はまたひと釣りしてくらぁ」
 「あら、センセ。お昼は?」
 「俺の食事はウナギ。釣るまでは戻って来ねぇから。」
 「ウナギ?」 一同騒然。
 「へへ、土用の丑も近いしさ。ま、稚魚だけどな。」
 本当は網で掬うところなのだが、この辺は掃部流のジョークである。南実はウナギの真相を確かめるつもりか、興味津々で先生を追う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック