2007.11.4の漂着ゴミ

 ヨシが枯れ始め、視界が広がった分、ゴミの散らかりようも目に付くようになりました。小説文中と同じ11月4日、調査結果は概ね下記の通りです。

画像


十一月の巻」~原色または素顔 より

 十一時半近く、目計算の結果がまとまる。ワースト1(5):発泡スチロール破片/71、ワースト2(3):プラスチックの袋・破片/57、ワースト3(1):ペットボトル/53、ワースト4(2):フタ・キャップ/37、ワースト5(4):食品の包装・容器類/29(*カッコ内は、十月の回、当干潟での順位)。次点は、タバコの吸殻等と小型袋が各28。雑貨も各種そろっているが、弁当やカップめんの容器、その他のプラスチック系容器類がとにかく目に付く。目的別で分類するなら、「容器&包装」がトップに立つのは間違いないだろう。気になるレジンペレットなどの粒々関係は、南実研究員が別働で調査しているが、「ダメだ。発泡スチレンにしてやられた。」 集めた砕片をペールに浮かべると、その水面は、すぐに白い球粒で覆われてしまう。いつも以上の収量があったので、サンプリングで済ませようとしたが、これじゃ埒が明かない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック