行列系ドーナツ

 6月16日は、語呂合わせで「麦とろ」の日(→参考なんだそうで。新宿のサザンテラスの端っこにある「麦とろカフェ」(店名はTRAVEL CAFE)では、この日、ご当地麦とろメニューが振る舞われました。(先着1,000名) いそいそと試食にあやかった訳ですが、その帰り、同じサザンテラスにある某人気ドーナツショップをふと見てみると、40分待ちの小行列。麦とろに多少は客が流れて40分? だとしても、相変わらずの人気ぶりに驚くやら呆れるやら、です。

画像

 昨年の10月、韓国環境運動連合(KFEM)を訪れる機会がありました。会合方々、始華湖の見学に行ったりもしましたが、目玉はやはりソウル市を流れる清渓川。初日の夜にまず下見に行きましたが、時間があったのでその足で明洞の同ドーナツショップに立ち寄ったところ、実に閑散としていてビックリ。行列も何もなく、すんなり入れて、このようにしっかりドリンクとドーナツを賞味することができました。こんな感じで十分とするお客が多ければ、何十分・何時間という行列はまずできないと思われます。(推測するに、新宿店で長~い行列ができるのは、一度に何十個と買い求める方々が多いせい、ただそれだけのような気がします。)

画像

 そんな話題のドーナツ。ちょっとだけ小説にも引用してみました。



ふたたび、三月の巻 おまけ」~本番二週間前 より

(櫻)「ゴメンゴメン。三人でね、積もる話などしながら、お昼とってたまではまだよかったんだけど、パンケーキの代わりの差し入れどうしよって、そこからちょっと...」
(蒼葉)「ドーナツは相変わらずでとてもとても。で、急遽。」
 蒼葉が差し出した箱を開けると、
(弥生)「ワッフルだ、やったぁ」
 弥生は遅れた理由も何もなくただ上機嫌。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック