アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「年中行事」のブログ記事

みんなの「年中行事」ブログ


正統派鏡開き

2008/07/10 22:08
  鏡餅を割るなら手で、という話は聞いていたので、鏡開きのシーンで引用することにしました。実際に見たことはないですが、二つに割るくらいなら何とかなるだろう、といった安易な設定でございます。

 「切る」ではなく、「開く」とすることについては、「食育まめ知識【303】の通りです。



一月の巻 おまけ」〜ジレンマとその先 より

 「皆さんおそろいでしょうかね。では乾杯に先だって、鏡開きと参りましょう。元来、包丁は入れず、割るものなんだそうですが、どなたかやってみたい方...」
 南実と目が合ったが、まんまと逃げられてしまった。男性諸氏も腰が引けている。と、再び名乗り出るは弥生のお嬢さんである。
 「え? 大丈夫?」
 「行きますよ。ハッ!」
 さすがはベース弾き。腕っ節は強かった。一番下の大きい円盤餅を難なく真っ二つに割ると、「お粗末様でした」。今日は何かと喝采を浴びる弥生。その脇ではすっかり恐れをなしている女性が佇む。
 「この娘を敵に回すと怖いことになりそう... でも、負けないワ。」
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


向島名物と言えば

2008/02/06 22:12
 雨水利用の町として名高い向島ですが、下町ならではの名物もいろいろあります。この記事を書くのに当地を訪れた際に立ち寄ったのが「言問団子」。あずき餡、白餡、味噌餡、いずれも美味でした。

(→参考情報:「出没!アド街ック天国」向島編(2003.3.8放送)〜第3位「向島名物」/(おまけ) 同番組 放映リスト

画像


九月の巻 おまけ」〜名月あっての名案 より

...珈琲を置くと、今度は自分の机上から小皿を二つ運んで来た。よく見ると、大きさの揃った球状のものがそれぞれ複数。
(八広)「そっか、お月見スね」
(千歳)「じゃ、これ食べたら帰ろっか」
(櫻)「千さん、たらぁ」
(文花)「文花よりダンゴって? そうはさせないわよ」
 お彼岸で向島方面に行った際、わざわざ買っていらしたとのこと。
 「草餅か、桜もちか、団子か、悩んだけど、月見ですからね」
 「白とアズキってのは色でわかるけど、この黄色っぽいのは何ですか?」
 「味噌餡ですって。お試しあれ。」
 「コーヒーと味噌って不思議... あら、美味しい♪」
 女性二人は何だかんだ言っても、団子好きである。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


打ち水の効能

2007/11/24 10:41
 「打ち水大作戦」は、2007年で5年目。局地的・一時的には効果はありますが、温暖化抑止という点ではより根本的な対策が必要だとは思います。「やらないよりは...」でしょうかね。

(参考情報→東向島での打ち水(2003年8月25日)の様子

画像


七月の巻 おまけ」〜届けたい・・・ より

 「文花さん、空調早く」
 「はいはい。ただし、二十八度よ。」
 「それじゃ外の気温と変わんないじゃないすか。除湿でいいから。」
 「除湿? いっそのこと打ち水でもしようと思ったのに」
 「ったく。小梅さん、ああいう大人になっちゃダメよ。」
 「へへへ。櫻さんも文花さんもおもしろーい。」
 とまぁ、臨時開館となった環境情報センターは、乗っけから賑やかなのであった。

*室内で打ち水したらどうなるか... ヒヤヒヤものではあります。(^^;
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キャンドルナイト

2007/10/29 10:15
 夏至の夜は一斉消灯して「キャンドルナイト」、というのが定着してきた観があります。(テーマは「スローな夜を」ですが、キャンドルナイトが盛り上がりを見せるほど、このイベントを取り仕切る事務方はスローではいられなくなる、そんな話もあるようです。) 日頃から、ちょっとでも消灯時間を長くすればこのイベントの趣旨には適う訳ですが、皆で一斉に、てのがいいんでしょうね。

 実際に使うキャンドルは、この写真にあるようなものでも十分でしょう。(この夜のためにわざわざ新品を買ったりせず、すでにあるもの(非常用は別として)を探して使う、そんな心がけもエコのうち...)

画像


「六月の巻 おまけ」〜夏至の夜は長く より

 櫻はセンターのドアを閉め、「キャンドルナイト実施中(20:00〜)」という簡素な表札を貼り出しに行った。コーヒーの残りを注いで、円卓の中央に細長いキャンドルを一つ立てる。センターの非常用の備品のようだが、まぁ使い切る訳ではないので、OKなんだろう。
 「千歳さん、キャンドルは?」
 「こんなので良かった?」 それは蜜蝋でできたキャンドルだった。二千年問題に備えて、非常用として買ったものだが、どこかの環境イベントの出店で見つけた一品、というのが彼らしい。めでたく点灯デビューである。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「年中行事」ブログ


漂着モノログ(real version) 年中行事のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる