テーマ:山下達郎

一人多重コーラスによるオープニング

 1986年当時は、大阪府在住でした。受験生の分際で、とは言え、山下達郎のコンサートにどうしても行きたかった作者は、何とか追加公演(ツアー最終日)のチケットを手に入れ、いそいそと大阪フェスティバルホールに向かいます。7月26日の土曜日。18時開演でしたが、早々と淀屋橋に行って、適塾を見学したり、中之島界隈を散策したり、開演前のワクワクし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

"氓"という字

 「ソウボウ」と普通に打つと、「蒼茫」というのが出てくると思います。ここでの「茫」は、茫然、茫漠、茫洋といった熟語でも使われる通り、遠いとか広いとかを意味する字だそうで、蒼茫とはつまり、「遠くまで青々と広がっていること」になるんだとか。  この蒼茫に似た用語に「蒼氓」があります。このソウボウは変換ではまず出てこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more