テーマ:プラスチック

レジンペレットはどこから?

 プラスチック工業連盟が「樹脂ペレット漏出防止マニュアル」を定めたのは、実に15年前の話。取り組みが進んでいれば都市部、少なくとも23区内のプラスチック関係工場(製造・成型・保管等)から露骨にこぼれ落ちることはなくなっているだろう、と思いたいところですが、そのマニュアルが出て13年後の2006年の5月、江戸川区内のそれらしき工場を調べ回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

□と△の並立

 ここへ来てようやく「環境表示ガイドライン」なるものが制定されたようですが、時すでに遅し(?)の観は否めません。同じプラスチックでも「容器包装」と「本体」とでマークは別々、というのは今後もおそらく変わらないでしょう。  PETボトルのラベルには、その□(=プラ)と△(=PET)の二つ(→参考)が表示されていて、まるで別物のよう。P…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前向きな事業者責任

 容器包装類の回収・再商品化については、行政と事業者とで水掛け論... どっちがコスト負担するかで綱引き云々... そんな話をよく耳にしましたが、最近はどうなんでしょうね。コストがかかるのはわからなくもないですが、[プラ]に関して言えば、今となっては貴重な資源。長いスパンで考えれば、コストは吸収できる気がします。  事業者責任と聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃プラをその場で油化する

 海岸でのクリーンアップでも、油化装置の出番が増えているそうです。拾い集めた廃プラスチック(容器包装etc.)がその場で原料の油に戻るとなれば、張り合いが出ることこの上ないでしょう。(時間はそれなりにかかるようですが。) (→製品例)  川辺でやるならこんな感じ? ということで小説文中では、簡易式油化装置{%魔法のランプwebry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴミが動物を襲う

 漂流・漂着ゴミは動物愛護という観点からも問題視されます。(小説文中ではその一例(→参考情報)を紹介) ヒトの場合、食べ物と間違えて、ということはまずないと思いますが、  ・瀬戸内海:海苔養殖網にカキ養殖用パイプが絡まる  ・東シナ海:チリメンジャコ網に微小プラスチックの混入  ・八代海:養殖海苔に微小プラスチック(発泡スチロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

識別表示を活かすには

 原油価格がどうこうと騒がれている割には、石油を原料とするプラスチックは、その扱いが軽視されている気がします。せめてプラスチックの容器包装に関しては、再資源化・再商品化されてほしいところですが、自治体のゴミ行政に温度差が生じ、「燃やしてしまえ」志向が増えているのは残念な限り。(→参考情報) しっかり原料に戻す努力をし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

漂着ペレットも使いよう

 漂着が大量の場合は、細かいゴミには気が回らないものですが、そんな時こそ時間をかけて、じっくり取り組みたいところ。枯れ枝などが固まっているところには必ずと言っていい程、微細ゴミが多々見つかります。吸殻やプルタブはまだいい方で、BB弾、人工芝の欠片、発泡スチロールが砕けて細かくなったもの、そしてプラスチック粒(主に工業原料・中間材料として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラスチック製容器包装

 東京都23区では、区ごとにプラスチックごみの扱いが異なりはじめ、混迷の様相も... 「容器包装リサイクル法」(通称)の精神は、自治体には浸透しきれなかったようです。再商品化義務って何だったんでしょうね。 (→参考情報:容器包装の識別表示Q&A~「再商品化義務」等/廃プラスチックのサーマルリサイクルについて/容器包装の3Rを進める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more