テーマ:旅行

小田原&根府川

 「漂着モノログ」もいよいよ終盤に入り、小旅行シーンもこれがラスト。主役の二人はこれまで、中央線・八高線・信越本線・高崎線・総武線・内房線と首都圏各方面を旅してきた訳ですが、残しておいたエリアがありました。そう、神奈川県方面=東海道線です。  と言っても、ここでまた旅行記風にこまごまと綴るといつまで経っても完結しないので、今回はご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京湾の外湾へ(3)

 ふたたび、三月の巻(おまけ)「外湾へ」の設定解説、ラストです。外湾の浜辺から帰りの電車のシーンまでをご紹介します。  東京湾でも海は海  行ってみないとわからないものですが、やはりありました「海ゴミ」。これはほんの一例ですが、発泡スチロールのフロートと漁業用らしきロープ片がご覧いただけると思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の行楽列車~内房線の場合

 ダイヤ改正があっても、行楽用の臨時列車の時刻はパンフレット通り。時刻表で調べようとするとかえって大変なので、そうしたパンフレットをしっかりゲット&チェックすることが行楽の第一歩でしょう。  小説の設定上、何らかの行楽列車に「便乗」して盛り上げようと思ったのですが、案外「これだ!」というのはありませんでした。予定を立てる上での話で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春十八切符之旅(2)

 九月の巻(おまけ)「嗚呼青春、十八切符之旅」の設定解説(続編)です。  八高線から信越本線への乗換  高崎に着いたはいいが、次の番線は?となるのが、八高線のホーム。駅構内図を見ると、八高線の3番線は信越本線の4番線の延長のような位置にあるので、この乗換パターンの場合、便利ではあるのですが、迷っている暇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春十八切符之旅(1)

 九月の巻(おまけ)「嗚呼青春、十八切符之旅」では、実際の列車の運行に従って、ストーリーを展開しています。文中に出てくる設定等を2回に分けてご紹介します。  ハイブリッド車両「こうみ」  9月9日のダイヤでは、12:39 小淵沢発~13:11 野辺山着/14:48発~15:22 小淵沢着 という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more