アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「旅行」のブログ記事

みんなの「旅行」ブログ


小田原&根府川

2008/11/09 23:20
 「漂着モノログ」もいよいよ終盤に入り、小旅行シーンもこれがラスト。主役の二人はこれまで、中央線・八高線・信越本線・高崎線・総武線・内房線と首都圏各方面を旅してきた訳ですが、残しておいたエリアがありました。そう、神奈川県方面=東海道線です。

 と言っても、ここでまた旅行記風にこまごまと綴るといつまで経っても完結しないので、今回はごくさわりだけ。18きっぷの使い方としても実にあっさりしていますが、二人にとってはこれで十分、ということなのです。(ちなみに東京〜根府川の片道は1,620円。18きっぷの1回分は2,300円なので、往復すれば元はとれることになります。)



ふたたび、三月の巻 おまけ」〜時は満開 より

...大崎で早めの昼をとり、ノラリクラリ。十三時台のグリーンとオレンジの速いのに乗ったら、あとは一気に小田原へ。

 桜がお目当てではあるが、二人にとってはその行程、その緩急を楽しむのをまた良しとしている。従って、お城を見ても、花々を観ても、感慨があるようなないような状態。これじゃ小田原に失礼な気もするが、
 「マップを作るつもりでしっかり廻るってことならね、また見る目も違ってくるんでしょうけど」
 「ケータイ使ってIT版グリーンマップ、ってのもアリ?」
 「その場で撮影して投稿、かぁ」
 桜色の話題も出たかも知れないが、マップと来ればだ、である。そして十五時過ぎ。ホームにはその色の線が入った車両が滑り込んでくる。予定調和とはこういうことを言うのだろう。東海道線の旅は続く。

▼現地ではすでに「まちナビ情報コード」なるものが... これを応用すれば、グリーンマップもすぐできそう。

画像

 「一度降りてみたかったんだ」
 「何かドラマチック...」
 川がつく駅名ながら、ホームからは相模の海が広々と見渡せる。今日は花冷えしそうな日和ゆえ、海もどことなく寒々とはしているが、二人にとってはそれが好都合に働く。
 「風はそんなにないけど、寒い、かな?」
 「そうね、特にここ、とか」
 人影はない。もともと無人駅みたいなものなので、いくらでもドラマチックな演出は可能。

▼実際の根府川駅はこんな感じ。海に近く方角もいいので、初日の出(または初詣)客用の臨時快速列車「熱海日の出号」は、同駅近くで日の出を待機し、その瞬間を迎えるんだそうで。

画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東京湾の外湾へ(3)

2008/11/03 20:48
 ふたたび、三月の巻(おまけ)「外湾へ」の設定解説、ラストです。外湾の浜辺から帰りの電車のシーンまでをご紹介します。



 東京湾でも海は海

 行ってみないとわからないものですが、やはりありました「海ゴミ」。これはほんの一例ですが、発泡スチロールのフロートと漁業用らしきロープ片がご覧いただけると思います。川辺ではお目にかかれないので、つい見入ってしまったりします。

画像

 ガラス片や燃え殻が散在しているのは即ち、その場で投棄・焼却されるケースが多いことを物語る。だが、それは岸壁寄りの話。波打ちとテトラポッドの間、そしてそのテトラポッドの内側には、正に海ならではの漂着ゴミが見受けられる。近づかないとわからないものである。
 「川から流れてくる、というよりも外洋から? どっちだろ?」
 南実研究員は図りかねている。とにかく集めるだけ集め、調べるだけ調べるに限る。が、時すでに十四時半。
(櫻)「ペットボトル、プラスチック系、容器包装類... 川と変わらない気もするけど」
(文花)「ロープと、あとフロートね。これは干潟、いやポケビじゃ見ないでしょ?」
(六月)「硬いプラスチック片が多いのも特徴?」
(南実)「そうね。でも発生源は内陸だと思うな。」




 「あぶない」のはどっち?

 漂着後、誰かが立てかけたんだと思いますが、それにしてもなんでまた京浜河川事務所の看板があるのやら。電話番号がしっかり出ているので、通報して引き取ってもらえばいいのかも知れませんが...

画像

 埋没物までは手が回らなかったが、さすがにこれは見逃せまい。
(千歳)「ここって管轄?」
(初音)「さぁ、どうでしょ? 撮っておいてもらえば、親父、いや小湊さんにお伝えします。」
 川を出て、内湾を漂い、岬を廻って漂着してきたのだろうか。それは某河川事務所の警告看板であった。
(千歳)「持って帰りたいのはヤマヤマだけど」
(初音)「看板自体に『あぶない』って書いてあっちゃ、ひきますよね」




 大貫発14:53&14:54

 JR内房線 大貫駅は列車の入れ違いがよく行われるようで、作者が帰りにホームに向かう時も両方向から列車が入ってきました。14:53発は下り、終点の館山には15:44着。14:54発は上り、途中の蘇我には下りの館山と同じ15:44に着きます。この設定は、そのまま小説文中で使わせてもらいました。

画像

...一行が跨線橋を歩いていると、双方向から列車が入ってきた。
つまりギリギリセーフである。
 「じゃあ五人様、青春して来てくださいね」
 「お互い様でしょ、櫻さん」
 下りに続き、上り。ほぼ同時刻に発車する。そして到着時刻も同じ。行き先は上下で別なれど、である。
 15時44分、青春五人様は館山に、アラサーの三人は蘇我に着く。




(参考)JTB時刻表 2008年3月号(p.252)より

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


春の行楽列車〜内房線の場合

2008/08/06 23:15
 ダイヤ改正があっても、行楽用の臨時列車の時刻はパンフレット通り。時刻表で調べようとするとかえって大変なので、そうしたパンフレットをしっかりゲット&チェックすることが行楽の第一歩でしょう。

 小説の設定上、何らかの行楽列車に「便乗」して盛り上げようと思ったのですが、案外「これだ!」というのはありませんでした。予定を立てる上での話であれば自由なので、とりあえず引用したのがこの内房線快速「花摘み南房総号」(大宮<=>館山)です。2008年3月の第1〜第4土曜日限定というのがまた泣かせてくれます。(日帰り行楽用ではありますが、日曜の運転はなし!)

画像


二月の巻」〜降りつもる、降りしきる より

...一方、他の六人は一斉に息を吐くと、そこに煙霧が立ち込めるが如く白々とした中にいるが、煙たい話は一切なし。話題は春の房総の旅について、である。
(櫻)「卒業式後、春休みの平日ってなると、二十四日ってことになりますか」
(六月)「オイラ、イベント列車に乗りたかったけど、工場が休みじゃ意味ないんだよね」
(蒼葉)「なら、六月君は泊りがけにしたら? 土曜日曜だったら乗れるんでしょ?」
(六月)「二十二日に快速列車が。でも、全車指定だし、朝早いし... だいたい、一人で土日泊まり?」
(永代)「お兄さんがいるじゃない?」
(蒼葉)「っても、千兄さんは櫻姉さんと一緒だから」
 千歳、櫻ともに、「ハハ...」 って泊まりで出かけるつもりだったのか?
(櫻)「せっかくだから、東京湾の外側の海辺を見に行けたらなぁってのはある。どう?」
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


青春十八切符之旅(2)

2008/01/20 10:02
 九月の巻(おまけ)「嗚呼青春、十八切符之旅」の設定解説(続編)です。



 八高線から信越本線への乗換

 高崎に着いたはいいが、次の番線は?となるのが、八高線のホーム。駅構内図を見ると、八高線の3番線は信越本線の4番線の延長のような位置にあるので、この乗換パターンの場合、便利ではあるのですが、迷っている暇はありません。(実際に走って乗り換えました。)
(→詳細:13:05着13:07発

...定刻の十三時五分、高崎に到着。ローカル線の旅は続いているのだが、急にあわただしくなる。
 「同じホームの四番線て何スか?」
 「とにかく急ぐべし。乗換時間二分です。」
 「エッ! ホームの端から端? マジ?」
 何とか信越本線に乗り換える。めざすは横川である。
 「いっそのこと、高麗川から横川まで直通運転にすればいいのに」
 「いや、高崎までは非電化だから」
 「あれ? これって電車?」
 「せっかく電化されてるんだから、電車走らせないと、ね」




 横川の駅名標

 かつてはこの橋(碓氷第三橋梁)を電車が走っていた訳です。(廃線にはなっても、橋梁自体は残っているのが救い。)

画像


 「特命ですよ、特命。両毛線乗って、さらに烏山線...」
 「じゃ、特命ついでに、写真撮ってくださる?」
 櫻は六月が提げていた釜めしを預かると、代わりに千歳のデジカメを手渡す。横川の駅名標示を見つけ、千歳を招き寄せて並ぶ。ただの標示板ではない。峠越えの眼鏡橋を背景に「横川」と書かれた幻想的な一枚。さすが、目の付け所が違う。
 「じゃ撮りますよ」
 少年が構えた時、櫻は突如、眼鏡を外した。
 「え? あれが櫻さん?」
 手がブレそうになったが、何とか撮影(特命)成功。隣の彼氏が異変に気付いた時にはすでにいつもの櫻に戻っていた。




 七福神とサルビア

 埼玉県上里町にある神保原駅ホームには、同町の花「サルビア」が飾ってあり、神つながりということで、七福神様が勢ぞろい! これは打ってつけ、と相成りました。

画像


...このまま乗って上京してもいいのだが、六月からまた耳寄りな情報を得たからには、そうはいかない。
 十六時四十五分、目的駅に到着。早速、ホームの物色を始める。
 「あっ!」 程なく二人が見つけたもの、それは七福神だった。大黒天様から毘沙門天様まできれいに並んでいる。神保原の神は、この福の神に通じるということか。
 「それじゃ私は、ご縁がありますよーに、で五円玉。千さんは当然、千円札ね。」
 「またぁ。七福神さんだから、七円かな。」
 額面とかその根拠はさておき、何事もご縁は大事にしたい。ここで遇ったが何とやら、である。「いい旅でした。感謝感謝...」 櫻がお辞儀をしている後方で、千歳はある赤い花とにらめっこしていた。「上里(かみさと)町の花『サルビア』!?」 夏は過ぎしも、誰かさんの燃える思いはまだ続いているのだろうか。今日の暑さもあってか、さすがに瑞々しさはないものの、その赤はやはり強烈。南実のことが頭をよぎる千歳である。これもご縁のうち、と心したい。
 「そうだ、千歳さん、写真撮らせて」
 「どしたの急に」
 「七福神の皆様と一緒よ。いいでしょ?」
 「はいはい。八番目ね。」
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


青春十八切符之旅(1)

2008/01/18 22:20
 九月の巻(おまけ)「嗚呼青春、十八切符之旅」では、実際の列車の運行に従って、ストーリーを展開しています。文中に出てくる設定等を2回に分けてご紹介します。



 ハイブリッド車両「こうみ」

 9月9日のダイヤでは、12:39 小淵沢発〜13:11 野辺山着/14:48発〜15:22 小淵沢着 というのが考えられます。これだと確かに行って戻ってで終わってしまうので、18きっぷの使い方としては少々物足りないですね。

 かくして、その二階建て車両の二階席に無事落ち着き、出発を待つことになる。この列車、山梨方面に行くのがウリなので、小淵沢まで行って、小海線のハイブリッド車両「こうみ」に乗ってみる、という選択肢もあったのだが、「それだと、清里とか野辺山とかに行って戻ってくるだけですもんね」ということで、当初予定通り、荒川の上流とか中流とか、何でもいいからぐるっと廻って戻ってくるルート、で落着した。



 高麗川駅での乗換

 八高線は、その名の通り、八王子と高崎とを結ぶ路線ですが、全区間を走り抜ける列車はそれほど多くはありません。川越行きに乗車した場合、高麗川で乗換となりますが、高崎行きが来るまで同駅でダラダラと過ごすよりは、そのまま川越方面へ足を延ばし、その途中駅で短時間散策でもしてから、また高麗川に戻って高崎行きに乗る、というのが良さそうです。
 11:06 高麗川着(乗ったまま)11:12発〜11:18 武蔵高萩着/11:38発〜11:42 高麗川着/11:45発、というのがここでの設定です。

...ある程度の乗換なり接続なりを調べておいた千歳は、高麗川から先へ乗り継ぐまでの空き時間を見越して、
 「じゃ、このまま武蔵高萩へ」
 「あら、ここで乗り換えるんじゃ...」
 「次の高崎行きまで、四十分空くからね。一駅行ってまた戻って、てのはどうかなと。」
 「高麗川で曼珠沙華が見頃って聞いたけど、ここじゃないの?」
 「その巾着田(きんちゃくだ)までは、徒歩で片道四十分なんだって」
 「まぁ、よくお調べで」
 という訳で、列車主体の旅は続くのであった。




 武蔵高萩駅 さくら口

 こうしたブラリ旅では、偶然がつきもの。主人公の女性の名前がちゃんと出てきたりする訳です。せっかくなので、しっかり使わせてもらいました。(さくら口を出たら、ちゃんと桜並木があってイイ感じ...)

画像


 かつてはローカル色豊かな小駅だった武蔵高萩。今はちょっと立派な駅舎になっている。
 「北があさひ口、南は『さくら口』!」
 お誂え向きの「さくら口」を出ると、小さな駅前通りが伸びていて、両脇には桜らしき並木が青々と葉を揺らしていた。
 「千歳さんたら、ここに連れて来たかった、てこと?」
 「いえいえ、偶然ですよ。むしろ櫻さんに招かれた感じ。」
 「正直ねぇ。こういう時は多少見栄張ってもいいのに。」
 そうは言っても嬉しそうな櫻は、「ブロマイド写真、お願いします!」と来た。題して「桜の木の下の櫻さん」。これはまた絵になる。
 「拡大プリントして貼ろっかな」
 「じゃ、出演料頂戴っ」
 並木道を往復すると、ちょうどいい時間。十一時三十八分発の川越線で再び高麗川へ。そしてここからが本日のメイン行程となる。ディーゼル列車に揺られての旅、時間にして百分である。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「旅行」ブログ


漂着モノログ(real version) 旅行のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる